ムラは買取価格に響く?

ムラは買取価格に響く?

ムラは買取価格に響く? 古くから人気の高い翡翠は買取市場においても需要が高く、ある程度の価格が期待できるのですが、持っている翡翠にムラがあると査定に響いてくるのでないかと気になることでしょう。
翡翠の査定ポイントはいくつかありますが、最も重要なのが色です。
翡翠はそもそもの色は白いのですが不純物元素と結びつくことで、緑やオレンジ、灰色など多種多様な色になります。そうした中でも濃い緑が均一に組み込まれており、透明感を保ったものをロウカンというのですが、これは希少価値が高く、高額で取引されることが多くなっています。
ですので、ロウカンカラーであれば多少のムラは大きく価格に響くことはないといえるでしょう。他にも新緑カラーやラベンダーカラーも相場は高くなっていますので、ある程度の値段で取引は可能です。
しかし、希少カラーでも全く影響がないというわけではありませんので、全体が綺麗なものと比べるとやはり査定額は若干劣ってしまうのです。

翡翠の買取時には色や透明度だけでなく色ムラや濃度等も重要視されます

翡翠の買取時には色や透明度だけでなく色ムラや濃度等も重要視されます 古くから多くの人たちに愛されている翡翠(ヒスイ)の買取をしてもらいたいと考えているのなら、買取時に重要視される査定内容について依頼者側もきちんと把握しておくと安心です。査定内容を把握しておくことで相場よりも安い価格が付けられてしまったりした際にすぐに気付いて対処することができます。
翡翠は古代インカ帝国や中国では金よりも価値があるとされ、多くの人たちから人気を集めていました。よって、宝飾品以外の品にも用いられることが多々ありましたから、現代に受け継がれた翡翠関係の品物の中には査定が難しいものも存在しています。ですからまずは、腕利きの査定士が在籍している業者をきちんと選ばなければいけません。
そして査定内容については、翡翠の場合、査定時に色や透明度の他に色ムラや濃度、熱処理が施されているかどうかが重要視されます。他にもテリやカット、傷が付いているかどうかによって価格は変動しますから、依頼者側もそのことを十分頭に入れておき、査定時にはできるだけ同席するようにしましょう。