翡翠の情報が満載!

買取できない翡翠はどんなもの?

買取できない翡翠はどんなもの? 石を取り外した枠部分の貴金属がない翡翠は買取できない場合があります。
デザインが古い、鑑別書や保証書がない場合も断られる場合がありますが、翡翠買取を強化する専門店によってはしっかり査定する所もあります。
金額が付く翡翠かどうか分かりづらい場合も、宝石専門店だと例えばバングルやブレスレットも高値が期待できるので悩む前にぜひ一度専門店の査定をおすすめします。
歪んだ指輪や石の取れた指輪、ネックレス土台部分だけでも鑑定できるので宝石専門店に任せましょう。
リサイクル店だと知識不足でとても安く見積もられる可能性があります。
翡翠は専門家でさえ鑑定が難しい事で有名なので、査定可能かどうか不明な場合は相談して当たり前の感じで問い合わせると良いでしょう。
専門の鑑定士が在籍して査定実績のあるお店だと安心です。
作者や価値が分からない等の不安や不明点、判別のつかない宝石や製品によっては鑑定が難しく他店で断られたケースも丁寧に対応します。

翡翠の買取ができないお店とできるお店の違い

翡翠の買取ができないお店とできるお店の違い 翡翠は古来より世界各国で人気が高く、需要もあるのですが、店によっては買取できないとしているところも珍しくありません。
たとえ宝石を取り扱っていたとしても翡翠だけは対象外となっているところもあるのです。
なぜそのようなことがあるのかというと、翡翠は色の違いはもちろん、硬玉と軟玉という種類の違い、単体ではなく指輪やネックレスなどの装飾品やアクセサリーに加工されており、様々な形状をしていることなどから、正確にその価値を鑑定し、査定額を付けるには熟練した知識が必要となるからです。
つまり、それができる鑑定士がお店にいなければ、そのお店は実際の価値よりも高い査定額をつけてしまうリスクが伴うため、最初から買取対象外としていることが多いのです。
逆をいえば、翡翠も取り扱っているお店は知識のある鑑定士がいるということになりますので、実際の価値をしっかり見極めた価格を付けてもらいたいのであれば、そうしたお店に持っていった方がよいといえます。